海よりも深く 空よりも広く


日々のつづれ織りです
by umique

このところ

変わっていく


さきほど、山田洋次監督の「小さいおうち」を観終わった。

戦前から戦後のひとつのドラマを、日常のささやかな出来事を通して描いた作品だ。
という、漠然とした説明に意味は無いのだけれど、どうも社会は本気で変わっていくらしい。


先週起きた、身の回りのできごと。
今まで脇目も振らず走り続けたところに、うさぎがいた。

うさぎは言った。
「そんなに走って、何処行くの?」と。
うさぎはもう一度言った。
ーあなたの心に広がる広い広い空は、爽やかで澄みきった色をしているかい?」


うさぎさん、ありがとうございます。
そしてごめんなさい。
[PR]
# by umique | 2015-03-01 00:00 | こころ色

身体が教えてくれること


ここ数日で、コップは溢れ出た。


予期せぬ出来事に、未来は益々 まっすぐだ。



まっすぐ故に、回りくねる 未来が待っている。

泥の中に輝く原石は、人が必ず見つけ出し、磨き

そこに無限の光を導き出す。




このからだから出た あらゆる反応に
今ついてゆけない自分がいる。

だから、そのままを受け止めて いる。

水に対する徹底的な拒否反応は、
全身に赤みを帯びたかゆみへとエスカレートした。

治ったと思っていたアトピーが急激に悪化。
人が見て変わりように温かな言葉をかけられる程だ。


飲む水だけでは、追いつかなくなった。

そんな状況なのだけと幸せなのは、
都会に来て身をもってあらゆることに気づきが
溢れているからだ。


沢山の学びを経て、住みたい場所に還る。
その確かな未来が、今日を大切に生きた私を待っている。



森へ還るよ。いつか。
[PR]
# by umique | 2014-05-06 00:00 | こころ色

こころは三角

書き留めておくこと


今年が、終わろうとしている。

思い出すのは、
ちょうど一年前の同じ頃、
真っ暗やみの中にいた自分だ。


それからも、闇は思った以上に深かったし
先の形すらぼやけて、
ただひたすらに、手を合わせ
心の厚みを手で確かめ続けてきた。

一年の重みは、歳に比例する。
そして目の奥には、突き抜ける光の熱を
私は今、遥か先にまで感じる事ができる。

それは。
他でもない、周りの命が輝き続け、
絶え生まれ人が時を紡ぎ続け、
絶え間なく陽が昇り月が浮かぶからだと、

今改めて、思う。

どれだけの壁が目の前に現れようとも、
それを超えてゆける自分があることに、

そして一年健康でいられたことに、
生かされている命に向き合い 感謝します。


私は、
米を通して地を知り、地域をつなげ、
米を作る人の背景にある山を想い、
こころにその原風景が広がるような、
まぁるく巡る世界を作り上げていこうと
思う。


美味しいごはんの周りに、集うこと。
美味しいごはんをみんなが炊けるように
伝えていくこと。

幸せは、まあるいさんかく

明日も、日本にいる人のために。




[PR]
# by umique | 2013-12-28 00:22 | 色々

Yellow Electric Seed




私は 気づきをつなぎ止めることを目指す為に活性化する。

私は 奉仕という電気の音で開花の入力を封印する。
[PR]
# by umique | 2012-05-29 17:20 | こころ色

mn

今日の 一時間半 いや 二時間は



本当に貴重だったのだ。




みよ


日をまたぐのを。



月が細く細く こちらをみて にやり 



チシャ猫のようだ。
b0157552_022471.png


がんばってやる。
[PR]
# by umique | 2012-01-26 00:22 | こころ色


カテゴリ
全体
おしらせ
音色
物色
色々
店色
こころ色
未分類
以前の記事
最新の記事
このところ
at 2015-03-01 00:00
身体が教えてくれること
at 2014-05-06 00:00
こころは三角
at 2013-12-28 00:22
Yellow Electri..
at 2012-05-29 17:20
mn
at 2012-01-26 00:22
フォロー中のブログ
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧