「ほっ」と。キャンペーン

海よりも深く 空よりも広く


日々のつづれ織りです
by umique

カテゴリ:店色( 18 )

かみしめる

ここにたどり着いた

命をいただく
b0157552_22541577.jpg





いただきものでできた 

私のカラダは

私だけのものではない

生きる 支えが とても強く   .....響く

そうなんだ

「しっかり」眼 内側の「眼」を見開いて

世界中のひとがすこしでもより良くなるように



この世で  

努め 続けよう。
[PR]
by umique | 2011-11-29 00:00 | 店色

今年で おしまい

いろんなこと。
今日のおむすび食べて  思う。




ほおばるたびに、歯の隙間をぬって ごはんつぶが口の中に入る。
一粒ずつの主張を大事にしたい。といつも思う。

今日の彼らは とてもとても好きだった。
時を経てもなお、きらめきが健在であった。

もちもちとほろほろを いつも音符に変えて 話かけてくれた。
とにかく 好きだ。

私は 普通すぎるものを普通に作って、
食べた時に心が静まっていく、そして食べた瞬間よりも、
あとあと、ふと思い返してもらえるような
そんな存在になれたらと 思う。



ごはんつぶのあつまった  さんかく

 


もっと

シンプルでいたい。

世の複雑から かけ離れたところへ。
[PR]
by umique | 2011-11-10 19:30 | 店色

やっぱりたまころが好き

最近研究中なのが



「保存&即席&かつ栄養

のあるもの」



という訳で、「みそ汁」をみそ玉にして 一杯分のささやかな幸せを
探している。

あと少し なんである。


お湯を注いだ時に、お出汁と具がどのくらい入ってたら いいんでしょう。とかね
例えば人参だと、めっちゃんこ小さめじゃないと、あのお湯の量と温度で戻るのに
限界があるなあ。とかね
ネギは、青い薬味ネギの方が ええなぁ とかね
お味噌ボールも、一回ころころっと焼きを入れたほうが、美味しさがアップする、とかね
出汁は、かつお節をああしてこうして おや? 粉っていう手もあるとか、ないとか。


これで、お湯さえあれば
お味噌汁ができますがね

手を軽く抜きたい時に、前もって用意
なんにも無い時に、これ一杯で 満足


さあて

あとは、味噌の種類だな。

ころころ

ころころー
[PR]
by umique | 2011-04-08 00:00 | 店色

まずは


ぼーっとしている。







ぎゅうーと集中力搾って迎えた

ディレクターさんのことばと
レポーターのかわいこちゃんと
青島コートのカメラマンさん


映像って、こんなにワンカットやらなんやら
繊細なのね。

6分番組が3時間・・・

役者って すごい。


新しい 扉がちゃんと開きました。
(母よりお先に♪ん、でも規模が違う。)




あたまが 昇華する〜

よくある 「ピンチはチャンス」でした。
[PR]
by umique | 2011-02-22 00:00 | 店色

早速するのがいい。

さてそのひとつに。




店では
新たな心持ちで、より一歩進んだ

「声掛け」をしている。



なにわともはれ

私自身の願いを声として表現しなければ
伝わるはずなど ない。



信じる。
[PR]
by umique | 2010-10-29 00:00 | 店色

訪れる いやはや 

うむ、でかい。



これは相当大きい。






対200人



日によって「嗚呼恐ろしや」と震え上がり、 
言葉の疎通により「やってやる」と意を決し、

場合によっては、冷静に見定めるところまでに落ち着いたり する。


さあ、いよいよ。

手先集中
全体の空間演出
サーブの手順
アクシデントへの対応

さらには

次に待っている

「対60人」分メニューも片隅に入れながら。



(さら・さらには、ほら、11月も12月も大きめがあって、
おそらく年越しても、名古屋のカフェでケータリングあり
気づいたら、え、2周年?    なんてことになるんかしら。)

なにがしたいか、
突き詰める。


パイオニア


そして


ムーブメント





さあ。
[PR]
by umique | 2010-10-12 00:00 | 店色

ジャイル

東京、表参道


GYREとは・・・

http://gyre-omotesando.com/




このTHINK PROGRAMに

Mauaらしさを加えて、活動していきます。



小さい事から 進めていくだけで意味がある。

私は けして行動が早い方ではなく、むしろ遅い遅いと思いながらも
一個ずつ進めていく方が性にあうのですが、

何事もより先へいく意識だけは、常に抱きながら事に当たりたいと
思っています。
[PR]
by umique | 2009-08-29 00:00 | 店色

中日花火大会

2009/8/16


8/1から二週間

雨のため延期となったため、
今回、待ちに待った第二回目のあいすくりん屋さん。



心機一転、
数々の経験を生かし
氷ならぬアイスクリームの旗を作って準備万端。


いとこ家族も遊びにきていて、かわいい看板娘も登場。
猫も応援団。
家族みんな気になるようでお店の前をうろうろ、ちらちら。

人の入りはおそらく前回より1/5くらい少なめと感じた。

さてさて、
五時くらいからお店を作り始め、
せかせかと動いていたら、早速 お客さまから一声。

「7つください」


一つ用の袋しかなく、慌てて看板娘にヘルプをかける。

気づけば並んでいて、いきなりのピーク。



反対側で歩いていたお客さまも、道路を渡ってこちらへ。。。


気づけば約1/3減っていました。


それからぽつぽつ、どどどを繰り返しながら
ひんやりコーヒーとともにアイスを売っていたら、

「あっ!」
と、店からまだ3mくらい遠いところで気づき思わず声をあげる。

なんと、7/26の花火の時にアイスとコーヒーを買ってくださったお客さま!

しかも、その時リユースカップに入れてコーヒーを販売していたのですが、
そのカップを返却しに来てくださったのです!

100円チャージだったので、その100円でまた
コーヒーを買ってくださって、
(今回は、前回のカップの返却があまりにも少なかったのでやむを得ず紙コップで;;)
しかも、飲んだ瞬間に「おいしい!」と
ひとこと残しつつ、お店の前を通り過ぎていきました。


じぃん・・と余韻に浸るわたしと 冷凍庫。

そうしてる間に
7つ購入のお客さまが、さらに「7つください」と。

お家が近いようで、親戚がたくさん来ているようで
すぐ食べてしまったそうで、慌ててまた容器をとりにピュンと家の中へ。


「アイスいかがですか」と声を出すほど
あまり感心を示さなかったり、
花火を見ていたら「一つください」とやってきたり、
「雰囲気がいいから来た」とか、店じまいしてたら一気に来たりとか


お客さまからいつもいろんな刺激を受けて
経験させていただいています。



最後に、

前回の花火の時に来てくださったお客さまがもう一人いらっしゃいます。

お店のオープンを楽しみにしていただける事を
改めて幸せに感じ、励みにして期待に応えたいと思いました。


b0157552_22202962.jpg
花火
とぉーっても
きれいでした!
(看板娘ねこ)
[PR]
by umique | 2009-08-22 00:00 | 店色

谷から山々を見上げる

そして、靴を履く



さて
準備万端だ。



今まで、登山に・下山に、うねり・またぎ、立ち止まり
時には人に寄りかかり、足を引きずり歩いたこともあった。



いつか


頂上で見る


ご来光を夢見て、



高い山を目指した。



今年は、


自分にしか登れない山に

この夏、挑むことになりそうだ。



しかし、


思った以上に険しいも、どうやら鍛えられている。


「なにくそ」(失礼)とよじ登って、

そして

 一歩引いて自分を動かす。


 お客さまに、自分のおいしい!と思ったものを提供する。
 例えばお家へ遊びにいったときに、おいしいお店のケーキを差し入れで持っていく。
 みんなで分け合って食べる。
 その口福感。

 シンプルに、おいしい素材で よりおいしいものを食べてもらいたい。


 そこに原点がある。


 そして、「おいしい」上に何かを救うことができたら

 どんなにいいだろう。


 「ついでに」ではなく
 
 「同時に」。



 地球に住んでいる誰かが同時に幸せになれる「しくみ」を 目指したい。


 「おいしい」と「人を幸せにする」ことで、


 お客さまと分かち合えることが 私の幸せです。


 
 
 まだ見ぬ、頂上のご来光を夢見て

 
 今日も。
 
[PR]
by umique | 2009-07-27 00:00 | 店色

Flower展

MiMiroro opening party





まさにもう

かわいい のひとこと。



ん、かわいさの中に大人の余裕が感じられる。


わあ



今後の成長が楽しみだわ・・・(母心)




岐阜駅付近 

それはすてきなbarでございます。


私もこうやって 人がふわりと(違った)ふらりと入れるお店になりたい。


(改めて、オーナーという人柄の強さや存在やなんたるかを垣間みたのです)

今回は、当日しかもmimiちゃんのトークで知ったのですが、

私のお店の名前「Maua」 =たくさんの花

というテーマで描いたそう!

それを耳にした時、実は涙腺がゆるみそうでした。


私はひょひょいとケイタリングを受け、楽しみすぎて(半分ドキドキ)

完全にお客さん気分だったのですが、



はあ! 違った!

フードも結構関連していたのですね!と我の肩書きみたいな、

料理に携わるヒト という人物像をもやもや必死に思い出していました。


みなさん


おいしそうに喰べてらしたから

つとめを果たした かしらん


感無量です。


いや私は置いといて、


音が 音が・・・

なんてぜーたくなんだ。


すごい(言葉で表せないくらいすごい)話に夢中してたけど、

実は

すごい(言葉で表せないくらいすごい)音に体は引き寄せられていました。



こういうときに

いいものはいい

と言い張れます。


motiveさん 幅がすごい。

時に大自然のオアシスにいるかのよう。


そして



いつも最高にすてきな笑顔のさみちゃん。
見送り時刻27時頃、変わらず今回も酔っていて
キュートでした。

いろんなヒトに出会いました。

そして楽しく広がりを魅せてくれるんだろうなと。


mimiちゃんの絵

大好きです。
b0157552_22172035.jpg

[PR]
by umique | 2009-07-04 00:00 | 店色


カテゴリ
全体
おしらせ
音色
物色
色々
店色
こころ色
未分類
以前の記事
最新の記事
このところ
at 2015-03-01 00:00
身体が教えてくれること
at 2014-05-06 00:00
こころは三角
at 2013-12-28 00:22
Yellow Electri..
at 2012-05-29 17:20
mn
at 2012-01-26 00:22
お気に入りブログ
外部リンク
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧