海よりも深く 空よりも広く


日々のつづれ織りです
by umique

<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

名前

親の願いがこもった最初のプレゼント



いろいろな名前を

その人となりとともに照らし合わせた結果


その名前の通りに


ちゃんとちゃんと生きていた



「わぁ」



すごい。


これからも

自由に生きて、美しいものに惹かれていたい。





こどものなまえ。。。


重大だ。
[PR]
by umique | 2008-12-08 00:00 | 色々

ちょいと

欲しいもの



ってのがあって、

あれやこれやと取り上げてみる。


「う〜ん、やっぱり車はラシーンかな。

 でも、ちっちゃなパンダもかわいい。

 私には小さすぎる。。。?」


 

「いつのまにか浸水するところまできていたじゃないか。

 この子の代わりは、いないかしら。

 フラットシューズ、理想はモノトーン。

 で、エナメル。
 
 白、クロエ。」



「どうしてもマフィンは6cmがいい!

 高さが欲しい。高さ!」



「これ以上腕が筋肉にならないよう、プロセッサーが

 とうとう必要になってきた。

 肩だけ11号。。。」


「ツイードのジャケット」


「イカをやわらかくゆでる方法」


「3連休」


「Steve ShehanのAssikelがにっぽんに輸入してこないかしら」


「来年のカレンダーは、お月さんね」



という妄想の入り口に足を踏み入れ、


楽しくなるまじないを


いっぱいかけた。




空想は、かなえる為のイメトレだねぇ。
[PR]
by umique | 2008-12-06 00:00 | 物色

フリカエル

マシュー・バーニー



というのは、レポートの中のレポートを書いていぬ!

という自身に向けての喝を入れる為に

書くのである。

これは。





というのは、彼の頭ん中というのは

こういうことだ。

あれだ、医者の考え方が少し逝っているに値する

ということだ。



42分間の 「マンドリン最速かき鳴らし」
についての 強烈な耳障り。


癖になる
又は
数日いや数ヶ月経っても
ここ・私の裏側で今尚 鳴り続いているのだ。

人は心理的に
継続する音に関して
極度に敏感である。

これが 快感とはなんぞや。

その背景に
「超 刺激」がある。


ひとつ

全体を把握するのに 映像から放たれるヒントというのは
ちょっとやそっとじゃ手に入らぬということだ。

ふたつ

その画面いっぱいに目を凝らし、男性8人、女性7人くらいだろうか

ゔっ 犬

犬だ.....

犬、頭の上に 犬

一匹


う、牛、

茶色い牛。。。


ラジカセや 石膏像 車のボンネット カーペット 

エジプトの守護神 

観る限り 淡々とした 動作である




みっつ


日常にあり「得ない」 目を疑う一瞬〜2分弱






ふと。

ひとの刺激とやらに こころがいく。


嗚呼

そうだ。

ひとは刺激を好むものだ。


彼なりの与え方だな。


毎日、繰り返して生きている私たちの生活の中に

例えば 「足の小指にモノを落としたり、いきなりキスをされたり」

ひゃっ と思うことがあったとする。


こころが飛び跳ねる瞬間だ。


それからその毎日には


「朝起きて、顔を洗い、ご飯を食べ、歯を磨き、服に着替える。

 夜帰り、荷物を片付け、ご飯を食べ、歯を磨き、お風呂に入る」


この一見何もない安定した時間というのがある。




このメトロノームな日常に

人は

ありとあらゆる「刺激物」を投入したくなるのだ。



日常に、そういったものが織り混ざっていると
こなすのがいっぱいで視野も狭くなるが、

余裕があり
らしくあれば、マルチメディアからどんどん刺激をいただきたいと

こう思います。



http://www.wisepolicy.com/matthewbarney/
[PR]
by umique | 2008-12-02 00:00 | 色々


カテゴリ
全体
おしらせ
音色
物色
色々
店色
こころ色
未分類
以前の記事
最新の記事
このところ
at 2015-03-01 00:00
身体が教えてくれること
at 2014-05-06 00:00
こころは三角
at 2013-12-28 00:22
Yellow Electri..
at 2012-05-29 17:20
mn
at 2012-01-26 00:22
フォロー中のブログ
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧