海よりも深く 空よりも広く


日々のつづれ織りです
by umique

<   2009年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

嗚呼




なんでこんなに進まないんだーぁ
[PR]
by umique | 2009-09-24 00:00 | こころ色

空 喰う からっぽ 

新月だ。



何もかも浄化され 
 
また満ちていくための準備をする 新月


私の中は

今 胃もこころも頭の中も

からっぽだ。




胃の空っぽというのは、驚くほど軽やかだ。

心の空っぽというのは、実に溢れるほど満ちていて。

頭の空っぽというのはまさに、

もう一段のぼるために新たなスタートを切る、という清々しさ他ない。
                        


たくさんの笑顔をいただくことに、

これほどの感動を覚えたことがあっただろうか。



投げかけられる一つ一つの言葉が、私の中奥深くまで浸透していく。


料理をし、私のうちなるものを発散し全てを放った。
なにもかも、私の手先から目から細部にわたるまで
研ぎすまして力を 放った。


そうすることで、
あらゆる言葉を吸収することができたのだ。



信じられないが、今私は
その現実の私であるのだ。





空間を・間を・余白を意識しろ

というのはそう、自身にもおいて。



 9/18 

NEMURI展 closeing party  

~catering Menu~

・旬のきのこをマリネした、カマンベールチーズのカナッペ
 〜アンチョビを添えて〜

・ほくほくのおいも三種と、秋づくしのせいろ蒸し
 (三種のディップ付き)

・マクロビオティックマフィン 「キャラメルナッツ」

・キャロットとくるみのスコーン

・眠り姫のタルト 「林檎」



以上



浄化というならば この音を。

ーGirlsー Death In Vegas

いつも、絶妙なタイミングでいただけます。流石。
[PR]
by umique | 2009-09-19 00:00 | こころ色

200まであと

四本だそうだ。



彼を
カメレオンだと例えたヒトがいる。


対象物に対して、瞬時に変えることの出来る集中力と
超人的な精神力がある。



あこがれ、または理想として

イチローをあげる。



イチロー以外にいない。

イチローしかいない。



ひげが似合いすぎる。

どこからどうみても

ステキすぎる。




「目の前にあらわれたものに、

 怖い と感じないんですよね」



「これでいい、というものがない。

 終わりがないんですよね。」



もちろん、振り子打法は日本だけに通用するフォームであって
きっと今日も、昨日とは違う 新しい何かを見つけて挑んでいるのだろう。






名言集みつけました。
[PR]
by umique | 2009-09-10 00:00 | 色々

とにかく

そうしたかったのだ。



とにかくわたしは

自転車をこいで、走り抜けて行きたかったのだ。

だから、そうしたのだ。

なんの躊躇もない。




走り続けたり、絶え間なくしていたりするとするとする。




止まってみたくなるだろう。

落ち着いて、周りを見渡してみたくなるだろうおそらく。




見渡してみたとする。
視えるものが見えるとする。
見えないものに、みようと努力したりもする。



たくさんの小さな一つ一つの世界に
少し入り込むとする。
沢山入り込んだとする。




この先も、絶え間なく「この勢い」で生きていくことになるのか。
とふと、我に返るとする。



しかしだ、

ただ、

このかすかにココに生きている

この繋がっていく生命に

私は、今「食べたいもの」として無添加や無農薬にこだわるのではなく



この先また産まれる子や、その先の子へ

なにもない=不自由のない

健康な体であってほしい。



と、こう思う。 




ただそれだけだ。
[PR]
by umique | 2009-09-09 00:00 | こころ色

サラウンド

"わらってごらんよ あるいてごらんよ 右から左から誘うよ あなたを


       なにか違うんだ ぐちるのなら 買いたての自慢の ヘッドフォンから

           わきでる音にしみこむ音に 背中押され町へ出かけよう


わらってごらんよ あるいてごらんよ 右から左から誘われる サラウンド

上昇気流に飛び乗っていこうよ あなただってわたしだってどこへだっていけるよ


                   きっと


これしかないんだ 見つけたなら 渦巻きコードの ヘッドフォンから
 
 わきでる音にしみこむ音に 背筋伸ばして町へ出かけよう


はじめてごらんよ あるいてごらんよ 右から左から駆け抜けるサラウンド


                    きっと


   おぼえたてのうたをうたう くりかえすたびつづくたび


”耳そばだてて じっとそばだてて 右手で左手をつなぐよ あなたと”


わらっていたいよ あるいていたいよ 右から左から誘われるサラウンド

上昇気流に飛び乗っていこうよ あなただってわたしだってどこへだっていけるよ


むつかしい顔しないでうたいつづけようよ わたしはあなたといつでも一緒だよ




 ずっと




クラムボン/サラウンド
[PR]
by umique | 2009-09-05 00:00 | 音色

日記



 大げさな事かもしれないけど、出逢いと言うのは

 運命の糸でつながれているから、あるんだと思う。

 限りあるめぐり合いの中で出逢うのだから、

 それは奇跡だと言ってもいい・・・

More
[PR]
by umique | 2009-09-03 00:00 | こころ色

移り変わり

東京都岐阜


都内に住んでいた時に


あまりにも密集しすぎていて
隣りの物音一つも、おもての道路からの音も電車も
すごく聴こえてくるのに

すごく静かだった。覚えがある。


心に届く音が全くなくて。




岐阜はというと、隣りの家からも おもての測道からも
車やいわゆる機械的な音さえも、自然の音と同化して

虫の声や風とともに無意識に入りこんでくる。




東京は 全てがより先に進んでいる。

悔しいが、岐阜に住んでいると

なかなか生かわになりがちだ。(な気がする)


だから私は、しょっちゅう東京に行くようにしている。



東京にあるいいものを、

岐阜で広める。


一見、中身のないような おもしろさにかけるような
そんな見方も出来るが、

私はこれが大事であるように思う。


いわば選挙と同じだ。

細やかなところにまで、思想を行き届かせる。



今、変革の時、
世の中を見ていて どうなることやら・・と他人事にならない。
家の家計とおんなじで、代表とよばれる毛並みのいい奥様が、
「ダムはいらないわ」「今日からみんな、最低賃金1000円よ」などと、
財布の中をあれこれ変える。

子どもへの手当、福祉、生活の安定。。
ヨーロッパがずっと前からすでにやっている生活水準の向上は、
さあこんな不況の中で、

どう

動いてゆくのだろう。


むむむ


話が飛んだ。



そうそう、
私のやる事というのは

未開拓の地の 土を耕し肥やす事


である。



Mauaは、私が開拓をやめない限り続けていく。

それは、いずれ共感する女性を見つけて その方にすべてを託していこうと思う。

調理から、運営まで。

そしてまた、新しい何かを見つけていきたい。



なんて
遠い先のような 果てしない妄想、よりは計画だが、


ここに書き留めて すこしずつ近づいていこうと思う。
[PR]
by umique | 2009-09-02 00:00 | こころ色


カテゴリ
全体
おしらせ
音色
物色
色々
店色
こころ色
未分類
以前の記事
最新の記事
すべてに時がある
at 2017-09-03 10:37
オーガニックエキスポ2017
at 2017-08-27 08:23
キャロットラペ、完成
at 2017-08-08 12:28
満月のスープ&#127765;
at 2017-08-07 21:50
キャロットラペ、改良
at 2017-07-28 15:23
フォロー中のブログ
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧