海よりも深く 空よりも広く


日々のつづれ織りです
by umique

ひさびさに

ガソリンが切れて わたしのからだの一部がトロリと外にはみ出している

文字をタップする指先から 流出するその何か

皮膚というのは、それが出ないように覆う役目

その皮膚と云うのは、ビタミン類のたわむれ。




からだの 声を聞く。




プチプチプチ........
[PR]
# by umique | 2011-09-17 21:39 | こころ色

新                      月

 いろんな感情が波打って、薄くて丸い部屋がぶつかり合い バウンドして 
その空間に否応なく収まっている
 







私は いま どこにも属さない こころの展示をしている

ガムを引き伸して何度も積み重ねた 心臓のようだ














 
[PR]
# by umique | 2011-08-29 00:00 | こころ色

・・・




好きな人ができたのですが・・・
[PR]
# by umique | 2011-08-29 00:00 | こころ色

おばあちゃんの






絶え間なく描き続けていけるその意欲はもはや、84年の間にそのある視点がいかに「面白い」かに
尽きるのである。私は語ることもできない、し「猫が毛繕いして、ペッと毛と一緒にさっき食べたえさを丸ごと吐き出しちゃうんだよ、あ、いいね、それ絵にしたらいいな、次はそれをトモで描こうか、ハッピーは顔がまるすぎるであかん」と延々とアイデアが生まれていくそのバイタリティあふれる様は、毎日「今日も特にやることがない」と私に言いつつも、その日の終わりには、「今日もいろいろやったなぁ、タナハシさんとこでようさんしゃべって、今日はよけ木を切ったわぃ」等、事後報告がもれなく就寝前についてくる。


おばあちゃんの周りには、
まだまだ心配要素が一杯あって 
まだまだがんばって生きにゃいかん
という意識がとても伝わってくる。


心配1 わたし
心配2 いとこ
心配3 ねこら
心配4 家全部
心配5 いとこ
心配6・・・・


とにかく 一番近くにいる私は 毎日テーマを変えて心配してくる


私は心配というと、世の中、社会に対してが多い、
もちろん、いつもばあちゃまはじめ家族は心配だけど、
「人」というのは、信頼度が高いほど心の奥底にちゃんと見守っている自分がいて
それが「人」の良さ・おもしろさ・生きる事に深い自信となるのだろう。

やはり人間はおもしろい。



二年前の「ビルマに行ってきます」宣言

今朝、帰国。



ばあちゃま 私より元気だったね。
忘れないうちに、残そう。
[PR]
# by umique | 2011-08-13 00:00 | こころ色

I’m all ears.

そうすべては。






言葉として 蓄積されたものが

あなたを育てるのだ。




これからも、頂いた言葉を胸に 前を行く .

アンバランスな私よ 最後まで付き合おうぞ、





創造の羽根

創作の果て

身体の無限




表現しきれぬものの 実に多き コト
[PR]
# by umique | 2011-07-11 00:00 | こころ色


カテゴリ
以前の記事
最新の記事
家族
at 2017-06-29 06:55
甘納豆で有名なかわむら
at 2017-06-27 20:47
踊りと壁にかかる絵
at 2017-06-26 22:13
このところ
at 2015-03-01 00:00
身体が教えてくれること
at 2014-05-06 00:00
フォロー中のブログ
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧